ブログ|安城市で耳鼻咽喉科をお探しの方はあまのがわ耳鼻咽喉科クリニックまで

0566-95-3387

0566-95-3387

0566-95-3387

休診日:水曜・日曜・祝日

ブログ
ブログ
  • アーカイブ

  • カテゴリー

耳・鼻の日帰り手術を開始しました

2019年10月13日

鼓膜に穴があり、よく耳漏がでる、聞こえにくい、点耳薬を使用すると一旦は良くなるが、しばらくするとまた症状が出てくる。年中鼻づまりや鼻汁、くしゃみがあり、常に薬を飲んでいないと症状がでてしまう、薬を飲んでもあまり効果がなく、諦めている。何度も副鼻腔炎を繰り返す。
こういった場合、慢性中耳炎、重度のアレルギー性鼻炎(通年性)、鼻中隔弯曲症、鼻ポリープ、慢性副鼻腔炎、好酸球性副鼻腔炎などが背景にあることが多いですが、診断されないで漫然と投薬治療されている場合が多く見受けられます。
また、診断され手術を勧められているけど1週間ほど入院が必要と言われ、仕事、家庭の都合で時間的に都合がつかないため、そのままにしている方が多くみえます。
当院では、そういった患者さまの要望に答えるべく、耳に対しては、鼓膜形成術(鼓室形成術は将来的には予定)、鼻に対しては、鼻中隔矯正術、粘膜下下鼻甲介骨切除術、経鼻的翼突管神経切除術、内視鏡下鼻・副鼻腔手術などを日帰り手術として行います。関東、関西では、耳鼻科の日帰り手術を行っているところがありますが、東海地方では少ないのが現状です。

手術によって、生活の質がよくなった、もっと早くやっておけばよかった、という声をよく聞きます。こちらも力が湧いてくる言葉です。
今まで諦めていた、鼻、耳症状があれば、ぜひ一度当院に受診しご相談ください。

当院ホームページの日帰り手術を、参照していただければと思います。

スギの舌下免疫療法はじめました。

2019年9月21日

スギ花粉症の治療法のひとつに、アレルゲン免疫療法があります。 今までは、 アレルゲンを含む治療薬を皮下に注射する「皮下免疫療法」 がありましたが、 近年では治療薬を舌の下に投与する「舌下免疫療法」が登場し、自宅で服用できるようになりました。
「舌下免疫療法」は、スギ花粉症と確定診断された患者さんが治療を受けることができます。
1年のうち、治療開始できる時期は決まっており、 「スギ花粉が飛んでいないときに治療を開始する」 ことに注意が必要です。
当院では、本年度は12月10日まで、スギ花粉症の舌下免疫治療開始できますので、ご希望の方はお早めに受診されてください。来年度は、6月からスギ花粉症の舌下免疫開始できます。
またスギ花粉症の確定診断のために、採血検査が必要になります。もし、以前のアレルギー検査結果がありましたら持参していただければと思います。

気になる症状がございましたらお気軽に当院にご相談ください。
https://www.torii-alg.jp/ ■鳥居薬品アレルゲン免疫療法専門サイト

ブログを始めます

2019年9月4日

よろしくお願いいたします。